EXEDY様

CUSCO様

ブリジストン様

Moty's様

エンドレス様

ニューテック様

ダンロップファルケンタイヤ様

プーマ様

カヤバ様

モチュール様

ジュラン様

ブリッグ様

アルパインスター様

プロジェクトμ様

ペトロナス様

エンドレス様

アタックシリーズのルール・クラス

アタックシリーズ参加ルール

>>参加ドライバーの服装・装備:

  1. ドライバーはレーシングスーツまたはドライビングスーツ、レーシングシューズ、または、モータースポーツに適した燃えづらい長袖・長ズボン・運動靴を着用しましょう。
  2. ヘルメットはSNELL規格の4輪用フルフェイスタイプまたはジェットタイプを着用してください。また、5年以上経過したヘルメットは安全のために お薦めできません。
    ※ヘルメットの内側に規格、製造年月日が記載されています。わからない場合は、1度受付ショップで確認してもらいましょう。
    ※JIS A・B・C種規格のヘルメットおよび半キャップ・工事用保安帽の着用は不可。
  3. グローブは、レーシンググローブを着用してください。(軍手・半指タイプは不可)

>>参加車両が準備すること:

  1. ヘッドライト等のレンズ類は飛散防止のため、ビニールテープを使用して×字のテーピングをしましょう。ただし、ライト点灯・ウインカー類の作動が確認できるようにしてください。
  2. フロアーマット等、車室内に固定されていないアクセアリー、およびトランク内の走行に不必要な荷物は、出走点検までに降ろしましょう。
  3. ゼッケンは指定された場所に、走行中はがれないようガムテープで張りましょう。
  4. ブレーキ・クラッチ等のリザーバータンク、バッテリーの+端子には有色ビニールテープでテーピングしてください。(ガムテープ・養生テープは不可)
  5. 峠アタック出走車両には、内容量1kg以上の消火器の搭載を義務つけます。
  6. 4点式以上のロールバー装着をお薦めします。
  7. ダートアタック参加車両は、6点式以上のロールバー装着が必須です。

     

参加車両統一ルール

  1. 参加車両のナンバーの有無の問いませんが、スリックタイヤの使用はできません。また、ナンバーを有しない車両は、積載車で現地にお越しください。
  2. 参加車両の排気音量は、103dbとし、著しく排気音量が大きい車両は走行を中止していただきます。その際の参加料の返金はありません。
  3. オープンカーおよびTバールーフの車両は、4点式以上のロールバーの装着を義務づけます。
  4. ダートアタック参加のすべての車両は、6点式以上のロールバーを装着を義務づけます。オープンカーおよびTバールーフの車両は、ハードトップ、幌などを全閉としてください。
  5. シートベルトは4点式以上の安全ベルトを必ず装着してください。また、同乗走行される車両は助手席側にも4点式以上の安全ベルトを必ず装着してください。無い場合は同乗走行ができません。
  6. 牽引フックけん引フックついて、前後純正けん引フックは塗装をほどこし、バンパーに↓(有色)マークで位置を明示してください。(有色はボディ色以外のオレンジ・レッド・イエロー) 純正けん引フックが使用できない車両は、前後新たにけん引穴あきブラケットを取り付けしてください。
  7. フリー走行およびアタック走行中は窓を全閉すること。

表彰について

1.各クラスで入賞された皆さんを表彰します、ただし、各クラスの出走台数によって表彰順位を決めます。  
3台以下:1位のみ 4〜5台まで:2位まで 6〜19台まで:3位まで 20台以上:6位まで

2.特別賞を設ける場合があります。

その他ルール

各会場とも火気厳禁となっています。バーベキューや喫煙に関しては、くれぐれもご注意ください。

シリーズポイントについて

ポイントはクラスの参加台数によって変動します。10台以上参加のクラスは最高10ポイント取得できます。
例:1位 10ポイント 2位 9ポイント ・・・以下1ポイントずつ減産し最低1ポイント
10台に満たない場合は参加台数の分が最高ポイントとなります。
例:4台参加の場合
  1位 4ポイント 2位 3ポイント 3位 2ポイント 4位 1ポイント

ハイスピードスラローム2017 クラス区分・シリーズポイント改定のご案内

コンパクトスポーツクラスへのエントリーが5台未満の場合、他クラスに編入します。
1台の競技車への重複参加は4名を上限とします。

順位 ポイント 対象クラス:ビギナー、ミドル、コンパクトスポーツ
1位 参加人数×1ポイント(上限10ポイント)  ●10台以上参加の場合
  1位 10P 2位 9P 3位 8P 4位 7P 5位 6P 
  6位 5P 7位 4P8位 3P 9位 2P 10位以下 1P 
 ●5台参加の場合
  1位 5P 2位 4P 3位 3P 4位 2P 5位 1P
2位 1位のポイント マイナス1ポイント
3位 2位のポイント マイナス1ポイント
以下続く 以下続く
  ※下位1P(参加者全員に付与)

 

順位 ポイント 対象クラス:レギュラー1、レギュラー2
1位 参加人数×2ポイント(上限10ポイント)  ●5台以上参加の場合
  1位 10P 2位 8P 3位 6P 4位 4P 5位 2P 
  6位以下 1P 
 ●4台参加の場合
  1位 8P 2位 6P 3位 4P 4位 2P 
2位 1位のポイント マイナス2ポイント
3位 2位のポイント マイナス2ポイント
以下続く 以下続く
  ※下位1P(参加者全員に付与)

 

 

 

峠アタック クラス区分 ※2017年のシリーズポイントは5戦中4戦有効となります。

単一クラスへのエントリーが5台未満の場合、駆動形式や排気量によって、他クラスに編入する場合があります。
1台の競技車への重複参加は4名を上限とします。

クラス 車両 参加資格 タイヤ
シルバークラス 車両区分無 イベント当日で満58歳以上の方のクラスです。 タイヤに関して一般車検対応タイヤであればOKです。アジアンタイヤも車検基準をクリアーしていればOKです、またレギュラークラスはSタイヤも試用可です
ビギナー1 2000cc以下
ターボ車・SC車は排気量を1.7倍します。
モータースポーツの経験が浅く(無く)この機会に体験してみたい方のクラスです。
過去のアタックシリーズで3位以内に入った事のある方はエントリーできません
ラジアルタイヤ
ラリータイヤ
Sタイヤは使えません
ビギナー2 2001cc以上
ターボ車・SC車は排気量を1.7倍します。
Kスポーツ 軽自動車 駆動形式は問いません。軽自動車のクラス。3台以上で成立
コンパクトスポーツ 1600cc以下
ターボ車・SC車は排気量を1.7倍します。
駆動形式は問いません。ただし、年式が古い車の場合安全基準の違いなどによりこのクラスにエントリー出来ない場合があります。受け付けショップ、事務局にお問い合わせください。3台以上で成立
レギュラー1 2000cc以下
ターボ車・SC車は排気量を1.7倍します。
熱く戦う通常クラスです。 @レギュラークラスは、タイヤに関して一般車検対応タイヤであればOKです。アジアンタイヤも車検基準をクリアーしていればOKです、またレギュラークラスはSタイヤも試用可です
レギュラー2 2001cc以上
ターボ車・SC車は排気量を1.7倍します。
*ターボ・スーパーチャージャー係数1.7。
*1一般市販されているラリータイヤのみ使用できます。

 

ハイスピードスラローム クラス区分 ※2017年のシリーズポイントは5戦中4戦が有効ポイントとなります。

単一クラスへのエントリーが5台未満の場合、駆動形式や排気量によって、他クラスに編入する場合があります。
1台の競技車への重複参加は4名を上限とします。

クラス 車両 参加資格 タイヤ
ビギナー 制限無し モータースポーツの経験が浅く(無く)この機会に体験してみたい方のクラスです。
過去のアタックシリーズで3位以内に入った事のある方はエントリーできません
ラジアルタイヤ
Sタイヤは使えません
ミドル 制限無し ビギナーを卒業した中堅クラスのドライバー向けのクラスです。
コンパクトスポーツ 1600cc以下 1600cc以下のクラス。または、HV車、PHV車、EV車。
※ロータリーエンジン車両は含まず。
※排気ガス規制、平成12年以降適合車両
5台以上で成立
レギュラー1 2001cc以下
ターボ・SC付車は排気量を1.7倍します。
熱く戦う通常クラスです。 Sタイヤを使用する場合、1.5秒のタイムハンデが課せられます
レギュラー2 2001cc以上
ターボ・SC付車は排気量を1.7倍します。

 

ダートアタッククラス区分

単一クラスへのエントリーが5台未満の場合、駆動形式や排気量によって、他クラスに編入する場合があります。
1台の競技車への重複参加は4名を上限とします。

クラス 車両 参加資格 タイヤ
ビギナー1 1800cc以下
過給器係数なし。
モータースポーツの経験が浅く(無く)この機会に体験してみたい方のクラスです。
過去のアタックシリーズで3位以内に入った事のある方はエントリーできません
ラリータイヤ
ビギナー2 1801cc以上
過給器係数なし。
レギュラー1 1800cc以下
過給器係数なし。
熱く戦う通常クラスです。
レギュラー2 1801cc以上
過給器係数なし。
*1一般市販されているラリータイヤのみ使用できます。

 

クラスのご説明

  1. 上記クラスは自己申告ですが、過去の実績を考慮した上で、主催者の判断によってクラス移行することがあります。
  2. 上記クラス設定で、参加台数の少ないクラスによっては、他のクラスと統合する場合があります。

→申し込み方法へ進む